京都造形芸術大学

京都芸術大学通信教育学部(手のひら芸大)の口コミまとめ

生活の一部である芸術を、大人になった今の感覚であらためて勉強したくなりました。

入学当初はイギリスに在住。夫の仕事で転勤の可能性があり、どこにいても卒業まで受講できることが大きな魅力でした。
*公式サイトより

ネットで交流できるSNSを活かしてオンラインで勉強会を行いました。このような新しい学びのかたちがあるのかと、とても感激しました。
*公式サイトより

入学直後、SNSの交流にて出会った友人達が「レポートを見せ合う会」を企画。

視点の違いやレポートのまとめ方について意見交換を行い、記述の方法などを学べました
*公式サイトより

教授と学生の距離感も絶妙で、将来を見据えた教材内容の充実を含め、入学して良かったと実感しています。
*公式サイトより

はじめはSNSと聞いて抵抗がありましたが、この場があったから最短で卒業できたといっても過言ではないくらい大切な場所になっていました
*公式サイトより

日記や講座のトピックにコメントすることにより、他の学友との繋がりを感じることができました。

ネット上の付き合いだけでなく、個人的な飲み会やイベントなどの告知も日記やコミュニティでさせてもらったのですが非常に有効でした。
*公式サイトより

フライング・カフェ(京都と東京で月1回開催される自由参加の学習相談会)もあって、学生や先生と直接お話しすることもできます。

通信だからといって孤独ではありません。
YAHOO知恵袋より

⇒もっと口コミを読みたい方はこちら!手のひら芸大の卒業生の体験談